職業図鑑
ヴォーカルのお仕事

シンガーソングライター

Check!4つのポイント!
  • シンガーソングライターとは作詞作曲した音楽を自分自身で表現・発信する仕事。活動場所は多岐に渡る。
  • シンガーソングライターの仕事内容楽曲制作からライブ演奏、メディア発信・出演まで可能性は無限大!
  • シンガーソングライターになるには演奏力・制作能力・発信力を身につけるため、専門的な学校進学がおすすめ!
  • 必要な資格・試験情報は?シンガーソングライターになるために必要な資格はないが、自分らしい表現を見つけるのが重要。

シンガーソングライターとは

作詞作曲した音楽を自分自身で歌う仕事

シンガーソングライターとは、作詞作曲した曲を自分自身で歌うミュージシャンのことを指します。中にはピアノやギターなどを自分で演奏しながら歌うスタイルのシンガーソングライターもいます。作曲家や作詞家などから楽曲を提供してもらうのではなく、自分の思いを曲に仕上げて人々に届けることのできる素敵な仕事です。また近年では、SNSやネットを通して活動するアーティストや歌い手も増えています。自分の作品で多くの人々に感動や希望を与えられた時には、大きな喜びを感じることができるでしょう。

シンガーソングライターの仕事内容

楽曲制作からライブ演奏、メディア発信・出演まで可能性は無限大

シンガーソングライターの仕事内容は、楽曲制作から発表、ライブやイベントの企画・出演などが主になります。人気のシンガーソングライターになると他アーティストへの楽曲提供や映画・テレビドラマなどの主題歌のタイアップ、テレビ出演や俳優業への進出など、多角的に活躍することも夢ではありません。

一昔前は、プロの人気アーティストとして活躍できるのは一握りの世界であり、多くはインディーズで楽曲配信やライブ活動を行い、評価されればメジャーデビューという流れがありました。しかし、現在では自らSNSやネットを通して、世界中に発信できるようにもなりました。自分だけの世界観を音楽で表現し、たくさんのファンを獲得することが成功には欠かせないと言えるでしょう。

ライブ活動

インディーズもプロもライブやコンサートを開催し、ファンの目の前で歌を歌います。演奏の合間にはトークで観客を盛り上げ、終了後にはサイン会や握手会、グッズ販売などを行いファンと交流することもあります。

プロモーション活動

YouTubeやSNS、雑誌、テレビなどのメディアでプロモーション活動(宣伝)を行います。近年では、SNS自体を活動の場として活躍する人が増えています。幅広い人々に自分の音楽の魅力を届けるためにストリートライブを積極的に行いファンを獲得する方法もあります。宣伝やファン拡大は、積極的に取り組むべき仕事です。

ボイストレーニング・練習

シンガーソングライターとしての技術を磨くため、日々ボイストレーニングや楽器の練習に取り組みます。ピアノやギターなどの楽器は、最高のパフォーマンスが披露できるよう日頃からメンテナンスを行います。

シンガーソングライターになるには

シンガーソングライターへの道のり

プロのシンガーソングライターになるには、レコード会社とメジャー契約して活動することになります。メジャーデビューすると楽曲の製作費やプロモーション費用、コンサート費用などをレコード会社が負担してくれます。一方、事務所に所属しないインディーズとして活動するシンガーソングライターも大勢います。インディーズは楽曲制作費やプロモーション費用などを自分で負担することになるため、自身で資金を調達するケースも多いです。

シンガーソングライターとしての基礎を磨くためにも、音楽系の専門学校や大学で楽曲制作、歌唱力の技術を磨き、音楽ビジネスについての知識を深めることをおすすめします。

求められる知識・資質

セルフプロデュース

自分自身で作詞作曲を行うシンガーソングライターは、多くの人に共感してもらうためのメッセージ性や音楽的感性が求められます。自分ならではの個性を磨き、世界観を音楽に乗せて人々に届けましょう。

創造力

より多くの人に自分の音楽や作品を伝えるために、作詞・作曲などの創造力、ギターやピアノなど楽器の演奏力、メッセージを届ける歌唱力など総合的な力が必要となります。またそれらを身に付けるための楽しむ気持ちと前向きな姿勢が大切です。

好奇心

何よりも人に感動と喜び、勇気や元気を届けたいという気持ちが大切です。そのために世界や社会の変化を敏感にキャッチし、また喜怒哀楽という人の気持ちを共感できる心と言葉が必要です。日ごろから想像力・観察力・感性を磨くために何事にも好奇心を持って取り組みましょう。

必要な資格・試験情報

シンガーソングライターになるために必要な資格はありません。世界や社会は常に変化するので、日頃から他のアーティストの楽曲を研究し、勝負すべき自分らしい表現を見つけ出すことが大切になるでしょう。また、人々の心を感動させる音楽や詩を考え出すため、様々なトレンドにアンテナをはりキャッチすることも大切です。

メジャーデビューするためには、ファンや観客を魅了することはもちろんのこと、音楽プロデューサーなど業界の人に目を付けてもらう必要があります。そのためにも、ライブや楽曲配信などで世界に自分の音楽をアピールし、多くの人々に触れてもらえるようにすべきと言えます。