人間力を身につけてエンタメ業界で活躍する人材になる 福岡の音楽&エンタメ専門学校

イメージ画像

MUSICIAN & MUSIC CREATE PROJECT

ミュージシャン・作曲プロジェクト

JOIN ALIVE ゴダイゴ バックコーラスプロジェクト

数千人のオーディエンスの前でパフォーマンス!

北海道を代表する野外音楽フェスティバル「JOIN ALIVE」にて、ゴダイゴ様のバックコーラスを在校生が担当しました。約1か月という限られた練習期間でコーラスとパフォーマンスの両方の完成度を上げること、当日のリハーサルで曲の尺やパフォーマンスの変更に柔軟に対応することなどアーティストとして必要な多くのことを学ぶ機会となりました。本番を無事迎え、ライブならではの一体感を感じられたこと、何千人ものオーディエンスの前でパフォーマンスをすることができたことなど、日常では体験できない貴重な経験となりました。

株式会社マウントアライブ

プロミュージシャン育成塾 supported by 島村楽器 株式会社Smash Room/島村楽器株式会社

プロミュージシャンからの直接指導で大きく成長!

多くの著名ミュージシャンが所属する、株式会社スマッシュルームの西川氏による「プロミュージシャン育成塾」を、全国展開をしている総合楽器店である島村楽器の協力のもと開催。「LiSA」「ももいろクローバーZ」など有名アーティストのバックやレコーディングメンバーとして活躍するプロミュージシャンに直接指導いただく中、個性を生かした演奏能力に加え、アンサンブルに必要なメンバー同士のコミュニケーション能力の重要性などを学びました。またパフォーマンスや各パートにおける楽器の特性を発揮する音作りの大切さなど、プロの方々と実践を通じて多くを得ることができたプロジェクトでした。ミュージシャンのみならず、将来どのようにミュージックビジネスに関わり展開していくなどについても学ぶことができました。

株式会社Smash Room/島村楽器株式会社

株式会社リブソン 音楽デジタル配信Project

大手音楽配信サービスで作品をリリース!

株式会社リブソンの永吉氏をプロデューサーに迎え、デジタル配信サービスを使いオリジナル楽曲を実際にリリースするプロジェクトを実施しました。作品のリリースにあたり、先ず重要になるのはクオリティーの高さ。そしていかに多くのリスナーに届けられるかも重要になる為、プロデューサーのアドバイスをもとにアレンジするなど、試行錯誤しながら楽曲のブラッシュアップを行い、ライブやSNSを通じて情報発信をしていきました。今の音楽業界で最も重要とされる「セルフプロデュース能力」を高めるとともに、最終的には参加した学生全員が大手音楽配信サービスより作品を全世界に向けリリースし、デジタルデビューすることができました。

株式会社リブソン(永吉 啓嗣)

「環境×高校生プロジェクト」 イメージソング制作プロジェクト

国のプロジェクトに学生が参加!

環境省が企画する「環境×高校生プロジェクト」内のイメージソング制作に本校の学生が参加しました。資源や環境問題の重要性を訴えるメッセージ性の強い楽曲作りが課題となります。企画立案した企業の想いと今社会が抱える環境に対する課題や問題をリサーチし楽曲作りに励みました。学生チームと企業とのコミュニケーションをしっかり行い、楽曲制作を進めていく中でイメージの相違や意見の食い違いなどチームで作品を作るうえで必要な協調性を学ぶことも出来ました。

環境省

「ザ・コインロッカーズ」 カバー楽曲アレンジプロジェクト

公式YouTubeチャンネルで作品を公開!

株式会社ワーナーミュージック・ジャパン様からの課題で、秋元康氏プロデュースのガールズバンド「ザ・コインロッカーズ」のカバーセッション企画にて、日向坂46編の楽曲アレンジメントで作曲コースの学生が6名参加。既存曲をバンドサウンドにアレンジし、提供するこのプロジェクトではメンバー編成・楽器構成などを考慮した構成力・アレンジ力が求められましたが、実際にザ・コインロッカーズの公式Youtubeチャンネルに動画がアップされ、クレジットも掲載されました。

株式会社 ワーナーミュージック・ジャパン

オーディションプロジェクト 「Promimi」

新人アーティストの発掘スキルを身につける!

nana music「cue」と日本コロムビア「Project super3」による合同新人発掘プロジェクト「Promimi」に本校の学生が参加しました。まだどこにも所属していないアーティストをピックアップし企業につなげる役割を担い、企業が求めている人材や、今若者に支持されそうな人材を学生自身がしっかり落とし込んで新人発掘を行うため、今の音楽シーンの研究や情報収集をすることで多くの経験・知識を学ぶことが出来ました。

株式会社nana music/日本コロムビア株式会社

ATV株式会社 電子楽器 「aFrame」 プロモーションプロジェクト

世界最大の音楽祭へ作品を出展!

電子楽器「aFrame」の可能性を広げるために、これまでになかったHP コンテンツを作成するという課題のもと、新しい楽曲の制作と演奏、プロモーションビデオの撮影に取り組みました。コンセプトミーティングを踏まえながら、楽曲作成を行い、楽器への理解力を高めました。生楽器・電子楽器・ダンスの融合にチャレンジし、完成したプロモーションビデオはATV 株式会社のHP で起用、また世界最大の音楽祭NAMM2019 への映像出展を実現しました。

ATV株式会社

JIKEI COMPOSERS GRANDPRIX 2020

マネジメント契約を勝ち取るチャンス!

毎回異なる大手クライアント企業から制作課題をいただき、グループワークで制作した作品のコンペティションを行い、厳正な審査のもとで優秀作品を決定。さらには、選出された作品の本採用や制作した学生のマネジメント契約・登録など様々な展望を含んだプロジェクト。8月初旬にオンラインにて全国のクリエイター学生に対し株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)様より発注概要と共に熱いメッセージをいただき、各校で制作チームが結成され約1か月の製作期間を経て校内コンペが行われました。集約された楽曲は全てSME様に納品され、校内選抜チーム及び企業サイドがピックアップしたチームが最終決戦の場でオンラインにてプレゼンテーションを行い、優勝・準優勝・努力賞が決定しました。

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

ゴスペルアンサンブルプロジェクト

数多くのプロアーティストのバックコーラスやCDレコーディングを経験。

20年以上の歴史があるゴスペルアンサンブルが、ゆず、平井堅、水樹奈々、長渕剛、鈴木雅之などのコンサート、ライブにバックコーラスで出演。また、ミュージカルの出演やCDレコーディングのコーラス収録にも携わりました。

株式会社TBSテレビ/株式会社WOWOW ほか

「聖飢魔Ⅱ」による映画「貞子VS伽椰子」主題歌、「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」のミュージックビデオに在校生が出演。

聖飢魔Ⅱの楽曲「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」を名演。

映画「貞子VS伽椰子」の主題歌、「聖飢魔Ⅱ」による楽曲「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」のミュージックビデオに在校生が参加。登場人物の貞子、伽椰子に扮して、演奏場面にてバックミュージシャンとして出演しました。

Hard Rock Cafe Tokyoミュージシャンプロジェクト

Hard Rock Cafe Tokyo内で、イベントや客層に合わせた演奏を行う。

歴史と伝統を持つHard Rock Cafe Tokyoより、月間イベント・シーズンイベント・ 集客目的イベントなど、お店のイベントスケジュールに合わせた、セットリストテーマ・集客目標数&集客方法案を考えるプロジェクトに参加しました。アーティストとしてのプロモーション方法を学んだ成果もあり、当日は店内に入らないほどのお客様で溢れかえりました。パフォーマンス終了後には盛大な拍手に包まれ、「お客様に喜んでもらえる」というコンセプトを一貫したことにより、また一歩プロミュージシャンとして前進できる良い経験となりました。

Hard Rock Cafe Tokyo

東京ガールズコレクション北九州オープニングアクト

TOKYO GIRLS COLLECTIONにて在校生がオープニングアクトとして出演。

takagi presents TGC KITAKYUSHU 2016 by TOKYO GIRLS COLLECTIONにて在校生がオープニングアクトとして出演。12,000人(のべ人数)を超える人気イベントのオープニングを本校の在校生が堂々とやり遂げました。多くのお客様の前に立っての初ステージにも関わらず、その歌とパフォーマンスに企業様からも喜びと今後の期待の声をいただくことが出来ました。

「ウォータープロジェクトソング」楽曲制作

環境省では、私たちの「水」を未来に向けて守り、持続可能な水循環の実現を官民連携で取り組む「ウォータープロジェクト」を推進されています。

環境省のご担当者様に直接お越しいただいてのオリエンテーションからスタート。チーム編成をしてプロジェクトに当たる為、水のイメージがよりよく伝わる楽曲をプロデューサー役の学生を筆頭に制作をしました。最終の楽曲プレゼンテーションにおいては、水の大切さを伝える為に自分達が何をイメージし、聞いた方へどんな感情になっていただけるかなど、細かくプレゼンテーション。その結果、見事在校生の楽曲が環境省「ウォータープロジェクトソング」として採用されました。

環境省

プロデューサーズプロジェクト

音楽アグリゲーター「viBirth」への配信デビューをし、セルフプロデュースを学ぶ。

作曲家やヴォーカリストを目指す在校生を対象に、現在活躍するプロデューサーによるアドバイスを得ながら音楽制作を行なうプロジェクト。卒業後も音楽活動を継続していくことを視野に入れ、その上で必要となるセルフプロデュース力の向上を目標に、音楽アグリゲーター「viBirth」への配信デビューを通して、よりプロフェッショナルに近い状況での音楽制作を実践的に行ないます。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プレミアリーグ楽曲制作プロジェクト

高円宮杯U-18のダイジェスト映像に在校生が楽曲を制作。

高校年代最高峰リーグ『高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プレミアリーグ』ダイジェスト映像への楽曲制作プロジェクト。高校生サッカー選手たちの躍動感のイメージを楽曲に変え、本校在校生の楽曲が採用されました。

公益財団法人 日本サッカー協会

印税生活への扉

作詞、作曲、アレンジャーなど、サウンドクリエーターを目指す学生が、実際にプロのアーティストへの楽曲などを提供するプロジェクト。

オリジナルの楽曲を企業の方にプレゼンテーションし、直接指導してもらえるという、本校独自のオーディションも毎年開催しています。

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント/ユニバーサルミュージック合同会社 ほか

※この他にも、ビックイベントや大物アーティストに関わる年間200以上の様々なプロジェクトがあります。

その他の教育システムについて見る