人間力を身につけてエンタメ業界で活躍する人材になる 福岡の音楽&エンタメ専門学校

メイン画像 メイン画像

FSMブログ

2018年2月5日

『恵方巻』

こんにちは。キャリアセンター増山です。
昨日は立春でしたが、もの凄く寒かったですね。
春のスタートとはならずに県内あちらこちらで積雪や凍結でした。
暫く冷蔵室なみの気温が続くようです。風邪や転倒等には十分お気を付けください。
 
ところで皆さんは、一昨日の節分に豆撒きしました?そして『恵方巻』食べました?
今でこそ『恵方巻』は全国区で通用しますが、
元々は大阪起源の風習らしく、この名称での歴史は20年もありません。
今回その『恵方巻』の思い出話にお付き合いください。
 
私は30年程前に大阪に住んでまして、その初年の1月末に会社の先輩から
『博多の節分は豆撒きやろ?だけど大阪は豆撒きではなく、マルカブリズシでんがな』
と言われたのを覚えています。
マルカブリズシ=丸かぶり寿司=恵方巻です。因みにオシリカジリムシとは違います
 
マルカブリズシって何?目をパチパチさせる私に先輩は間髪を入れず
『オマエは素人で分らんやろうから伝授したろ』と言われてメモを強要されました。
 
メモ内容は以下の通りです。
 
必要なもの
1切ってない太巻きを家族人数分-出来るだけ立派なヤツ
2コンパス-幸せな方角(恵方)をキッチリ測るため
3願い事-これが一番大事
 
作法
1部屋の電気を消してカーテンと窓を開る
2コンパスで測った幸せの方角(恵方)に二礼二拍で凝視
3願い事を心で念じながら用意した太巻きにかぶりつく
4食べ終わったら一礼
5窓とカーテンを閉めて電気を点け終了
 
注意事項
※途中で水分をとってはいけない
※一言も発せずに一気に食べ切る
※太巻きには両手を添えて上品に食べる
以上
 
当日の夜、先輩が取引先から手配してくれた立派な太巻き3本を持って帰宅。
いつもの残業で遅くなったにもかかわらず丸かぶり寿司の儀式を敢行。
 
ー幸せの方角を測るとそこは部屋の壁()
ー電気を消して極寒にもかかわらず部屋のカーテンと窓を開ける()
ー二礼二拍(❓)して異常に立派な太巻き(海老やらマグロやらサーモンやらetc.)に無言でかぶりつく(‼‼)
ー願い事は一瞬で終了。寒い,喉に詰まる,食べきれない,そんな思いばかりが心の中を行ったり来たり
ー10分弱で妻は早々にリタイヤ
ー25分後に完食して一礼忘れて窓とカーテンを閉める()
ー電気を点けると案の定、床に散らばる酢飯と具材
ーその後のテーブルに殆ど手を付けられていない夕食と不機嫌な妻と未開封な太巻き
『赤ちゃんは太巻きやら食べられんでしょうがっ』妻から猛突っ込みが入り終了(チ~ン)
 
途中で何かが違うような?騙されているような?怒られるような気はしてましたが…。
気付くのが遅かったです。
 
一週間後、海鮮上太巻き×3 4635円(消費税込)の請求書を先輩から渡されて
『来年も宜しく』と言われた時は本気で『こいつシバいたろかっ‼』って思いました。
先輩も私もアホですね。
 
最後に皆さん、『食べ物を粗末にしてはいけません』は本当ですよ。
それは………。
長くなりますので次の機会にでも。
 
駄文お付き合いありがとうございました。

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー

アーカイブ