卒業生出演!『ロックオペラ モーツァルト』

かめです

2月13日、卒業生が出演する『ロックオペラ モーツァルト』を観てきました

その卒業生とは...

2010年にダンスコースを卒業した清家 とも子さんです

清家さんは他にも、三ツ星キッチン『EAST SIDE STORY』や地球ゴージャスプロデュース公演Vol.12『怪盗セブン』にも出演しています。

この『ロックオペラ モーツァルト』は、2009年9月パリにて初演され、バイオリニストとロックバンドの生演奏が融合するという豪華かつスタイリッシュな演出で、通算150万人を動員した舞台の日本公演となります。

山本耕史さんと中川晃教さんがダブルキャストで、モーツァルトとサリエリを交互に演じます。

私は山本耕史さんは俳優さんのイメージが強かったのですが、歌もとても素敵で、クラシックの中にロックが加わり、本当にかっこいい舞台でした私が観た日は、山本耕史さんがモーツァルト、中川晃教さんがサリエリだったんですが、逆の配役の公演も観たくなりました

また、衣装も舞台もとっても凝っていて、その時代に引き込まれます。

舞台に立つ清家さんは、ダンスが上手いのはもちろん、立ち姿がとても美しかったです

そして嬉しいことに、舞台終了後の清家さんに会うことができました

FSMの近松先生と行ったのですが、先生に会った瞬間抱きつく清家さんは、舞台で見せる姿とは違って、そのギャップがとってもかわいい人でした

今後も、ブログなどで卒業生のことをお伝えしていきたいと思います